細・幅狭・足おすすめパンプス【きちんと計測してみませんか?】

暮らし

こんにちは! アラフィフ ちあこです

Twitterやってます! 気まぐれで呟いています お時間見つけて、覗いていただければ…!

「履きやすい靴」は勘違いしていることもあるんです

仕事上、スーツ姿が多く、パンプスの機会が多いワタシ

2,3足…黒の同じような形のパンプス(バレエシューズ型含む)をクルクル回し、使用していました

でも、だんだん広がったりして、合わなくなっているんです

ゆ~っくり広がっていくので、気づかないんですね

合わない靴を履き続けると…

外反母趾になる、扁平足になる、タコができる、魚の目ができる、骨格がゆがんでくるect…

もう一生ですよ!一生!付き合わなければならないのです

  • 外反母趾:靴で外反母趾を治すことはできません(進行を遅らせることは可能だそう)
  • タコ:圧迫や摩擦などの刺激が繰り返され、皮膚を守ろうと体の自然な働きから、特定の部分に刺激が継続されると、一か所が固くなります
  • 魚の目:タコがさらに進むと魚の目です

早速、計測してもらう

専用計測マットに乗り、先ず「縦=足長」を図ります

計測マットに写る濃淡、どこに体重が多くかかっているのか?

なども把握できるそうです(タコの位置も分かっちゃいます)

次に「足幅」を計測(自身の裸足を上から見て、一番幅がある部分)をメジャーでクルリと図り、

「足長と足幅と足囲」のバランスチェック!(足囲を「ワイズ」と言うそう)

足裏の「足長」と「足囲(ワイズ)」の長さが同じくらいだと、

日本国内で一般的に販売されている靴と合うらしいです(日本人平均ワイズはD~Eだとか)

ワタシの足は、縦:2.5㎝ほど長い=足幅狭い(ワイズはB or C)、

外反母趾ではないけれど、土踏まずがなく、足裏はぺったんこ

どれを履いてもしっくりこない何十年間…

どんな勘違いをしていたかと言うと0.5㎝小さいサイズを選ぶことで

〝キュッ〟とした感覚が合っていると思い込みの生活をしていました

その勘違いのせいで、骨の形が保たれず崩れてしまい、

歩く度にどこかに当たり痛みが出る 腰も痛い

逆に、パカパカと音をさせて歩いている方も見かけますね

パンプス「FOOTPRIDE」さん、おすすめ!

プロフィッターのいるお店「FOOTPRIDE」 さん

百貨店に入っています 

元々、私は ヒールが少しある、先が少しシュッとしているシンプルなパンプスが好みです

が、「出来れば、考え方を改めてください」と販売員さんから言われました

「このまま好きな靴を履いていると、必ずどこかに影響が支障がでてきて、ベルトありの靴でさえ履けなくなることもあります」と…(怖すぎる(-_-;))

やはり、自分の足で旅したいし、美味しいものも求めたい!

デメリットをしっかり伝えてくる販売員さん、見渡すとそのフロアにひとりだけだと思いました

言いにくいこともきちんと伝え、痒い所に手が届く、困った所に手を届けてくれます

用途、頻度、中敷きの厚みetc…

ひとつひとつ、それはそれは丁寧に解決してくれます

プロですね!

仕事用で使用したかった為、今回選んだのは、黒のバレエシューズ(エナメル × スウェードのコンビ)

甘すぎない雰囲気がかなりお気に入りです

本当は、ベルトありパンプスが良いそうです 次回の購入はベルトありを求めます

まとめ

  • 一度、足のサイズをしっかり図ってみる!
  • 「好みのデザイン」と「自身の足の形」を受け止める
  • 優先する事柄を見つける(妥協も必要です)

姿勢が変わりますよ!

とてもオススメです

コメント

タイトルとURLをコピーしました